スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「大好きな家族」
4月下旬にパイコが幼稚園で描いた「大好きな家族」という絵が
近くの大型スーパーに張り出されている、というので見に行ってきました。

周りがママとパパと、それから兄弟・姉妹やらじぃちゃんばぁちゃんまで
描いてあったり、たっくさんの家族が描かれている中・・・

     大好きな家族
パイコとカ~サンがお花畑の中で大好き!ってしてるトコロ。
パパは会社に行っていて、プニコはまだカ~サンのお腹の中にいる設定だそうです。

実はこの絵をかく前日の夜、
カ~サンの虫の居所が悪い時に、パイコがしょ~もないわがままを言ったかやったかで
(スンマセン・・・覚えてない・・・・・・
数日に1回のカ~サンの大噴火があったんです・・・。
いや、当日にはちゃんと仲直りして幼稚園に送り出したんですけど・・・。

でも正直この絵を見て、ズキッとしました。


というのも。

パイプニファミリ~は狭い狭いベットの中、
毎日4人でギュウギュウとひしめき合って寝てる訳ですが
カ~サンの両サイドにパイコとプニコが寝るのに、
カ~サンのお腹がでかくなってしまったのと、骨盤の歪みからくる腰痛ならぬ尻痛により
ドッチかサイドしか向けないことになってしまってまして・・・。

で、プニコとパイコで「コッチ向け」「いいやコッチを向け!」
毎晩嬉しいカ~サンの取り合いがあるのですが、
大抵パイコの方を向いてしまうと、プニコが実力行使に出てきて、
カ~サンの上に乗っかってきたり、オッパイモミモミ(シツレイ!!)してきたりと
ど~にもこ~~~にも手に負えないので、まぁだいたいが
「パイちゃん、ごめんね。プニが寝たらパイコの方を向くからね」
プニコの方を向いて、そんでもって3人ともそのまんま就寝・・・という日々が続いていたわけです。


そんなある日、つい先日の夜のことなんですが、
例によってひと悶着があった後に、プニコの方を向いて寝たフリをしていたところ、
パイコが
布団を蹴って寝ていた私の足をヨイショ、ヨイショと両手で定位置に戻し、
そんでもってカ~サンに布団をかけ、
自分の定位置に戻り、自分に布団をかけ、
そんでもってシクシク泣き始めたではあ~りませんか!!

「ど~したの?」
と振り向くと、両手で顔を覆い、本当に悲しそうにサメザメ泣いていました。
幸いプニコは反撃に出るほど体力も残っていなかったようで、そのまま寝てくれたので
そのままパイコとお話することができました。
泣いてしまったのは、ママがパイコの方を向いてくれないのが本当に悲しかったコト。
我慢しようと思ったんだけど、涙が出てきてしまったコト・・・。


確かに、時々プニコの電池が切れてお風呂前に寝てしまうと、
「今日はパイコとママと2人っきりでお風呂?やったぁ~!!!
等等、何かにつけパイコとママと2人、というコトに大喜びしてくれるパイコ。


この子は来月には下にプニコだけでなく、もう1人オトウトかイモウトが出てきて、
3人姉妹(弟?)の長女になる。
そしてまだたった4歳のパイコにはその自覚が備わっている。
今まで以上に色んなコトを我慢させてしまったり、したりしていくんだろうなぁ・・・。
そう思うと、赤ちゃん誕生はもちろん嬉しいんだけど、
もっともっともっっっっっと、パイコ1人を相手してやる時間が欲しいっ・・・と
切実に願わずにはいられません。
(ええとプニコはあんまり我慢というのをしたことがないので
 さすが2人目?!)



ちなみにパイコもプニコも、赤ちゃんが出てくるのをとっても楽しみにしていてくれています。
出てきたら、3人同様思い切りかわいがってやろう。
カ~サン頑張りますっ



オマケ>>
続きを読む
スポンサーサイト
【2008/05/03 07:47】 | 幼稚園(年中編) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。